すのこベッド通販バナー

すのこベッド通販サイト。 通気性が良く、湿気に強い構造のすのこベッドの正しい選び方を教えます!

すのこベッドの種類

すのこの素材やベッドの構造から選ぶ

自分に合う素材や構造を知る


すのこベッドは現在、様々な商品が出ておりますが大きく分類するならば、

◆床板すのこに使われる素材
◆ベッドの構造

この2点で考えることができます。
これらの組み合わせから、自分に合う商品を見つけてみましょう!


まず、床板すのこに使われる素材ですが
桐(キリ)、檜(ヒノキ)、杉(スギ)、パイン材などが多く使われております。

素材別で見てみると

は桐箪笥が有名ですが、何故タンスに桐が使われるかと言えば、湿気が多い場所では吸湿して膨張するので気密性が高くなり、タンス内への湿気侵入を防止してくれるからなのです。
逆に乾燥時には収縮しますから、通気性を高まり、快適な状態を自然にコントロールしてくれます。
このような素材ですから、高い防湿効果が望めるため「すのこベッド」には最適だと言えます。

は、手触りが良く、軽くて丈夫、汚れづらいというのが特徴です。
ヒノキの繊維というのは、他の木に比べて細かく詰まっているので汚れが浸透しにくいのです。
また「火の木」とも呼ばれ、油分が多く、水に強いためヒノキ風呂としても使われています。

は、軽くて柔らかいことが特徴で、その理由としては繊維と繊維の間の空隙が大きいことによります。それによってスギ素材は他の木材と比べてたくさんの水分、温度を吸収することができ、住宅でもフローリングや壁材に最適なのです。

パイン材とは、日本で言うところの松です。
特徴としては針葉樹であり、柔らかく湿気や熱の吸収に優れるということが挙げられます。
肌触りが良いため、木のぬくもりを感じる素材であるなどとも言われます。


そしてベッドの構造ですが、二つ折りや三つ折り、ロータイプ、棚付き、デザインボード付きなど様々です。

ベッドの構造は特に価格に影響するところで、ロータイプの軽く簡易な構造のものなどはホームセンターなどでも安く売られていますが、それに比べると高いですが光沢のあるデザインボードを付けた高級感溢れるものも通販を中心に売られています。

テイストもナチュラルなものやモダンなものなど、雰囲気が色々と変わるため、自分の好みと実際に置く部屋にマッチするかなどの点から検討しましょう。

送料無料バナー
カテゴリーメニュー
すのこベッドの選び方
すのこベッドの特徴
すのこベッドの種類
すのこベッドの寝心地
マットレスの選び方
ポケットコイル
ボンネルコイル
高密度スプリング