すのこベッド通販バナー

すのこベッド通販サイト。 通気性が良く、湿気に強い構造のすのこベッドの正しい選び方を教えます!

すのこベッドの寝心地

寝心地は実際どのような感じなのか

寝心地と機能の効果を知る


すのこベッドは実際に使用してみるとどのような寝心地なのでしょうか。

基本的には、ベッドにはすのこの上にマットレスを使用するのをオススメしています。

というのもすのこの上に敷き布団を引いて寝ると、すのこの硬さが気になったり、身体が痛くなったりする可能性があるためです。

フローリングに直接敷き布団で寝ている感覚とほぼ変わりません。

硬いベッドじゃないと眠れないという方もいらっしゃいますが、多くの方は背中が痛くなって辛いという状態になると思いますので、マットレスは要検討です。

またベッドの高さについては、ロータイプのものであれば普通に床にマットレスで寝ているのとほぼ変わりません。
高いと眠れないという方や、お子さんと一緒に寝るのに落ちてしまうのが心配という方は、そちらを選ぶようにしましょう。

実際にその自慢の除湿効果や通気性がどうなんだ?ということについては、今まで寝ると寝具が朝方に湿るという人も、改善されたという意見が非常に多いです。

防カビという観点で見ると、木の除湿効果と通気性によって使わない場合に比べれば当然良くなるわけですが、それでも地域や使い方によっては注意点があります。

高温多湿の地域であるとか、冬場も完全に締め切って暖房+加湿器を長時間となれば、寝具から多少湿気が逃げても、部屋の中に充満します。

地域的な問題や部屋の位置が非常に風通しの悪い場合などでは除湿機も使ってあげた方がいいときもありますし、冬場締め切って加湿器を使う場合は、夜はいいとしても、日中は換気するなどをしなければ、湿気の逃げ場がありませんので、結果としてカビの発生となります。

また使用感として夏場は涼しくて良くても、冬場は逆に寒そうというイメージを持たれる方もいますが決してそんなことはありません。

冬場は床が冷えるケースが非常に多く、すのこベッドはその構造から直接床の冷えが伝わらないので暖かいのです。
部屋の温度は暖かくしているのに床が冷たいというパターンでは、通気性により室内の温風が巡るため寝具の温かさが保たれます。

送料無料バナー
カテゴリーメニュー
すのこベッドの選び方
すのこベッドの特徴
すのこベッドの種類
すのこベッドの寝心地
マットレスの選び方
ポケットコイル
ボンネルコイル
高密度スプリング